画像診断課

関連施設

内視鏡検査

当院が実施する内視鏡検査について

最新のレーザー内視鏡検査を導入し、上部および下部の消化管内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)を行います。
腹痛や血便、下痢、便秘の症状がある方や、健康診断での便潜血検査や人間ドッグの胃透視の結果によって、精密検査として行います。

「内視鏡検査」ってどんな種類があるの?

初めて検査を受ける方にとって、「内視鏡検査」がどのような検査なのか疑問や不安があるでしょう。
食道や胃・十二指腸などを検査する”上部内視鏡検査”と、大腸を検査する”下部内視鏡検査”に分けられます。
検査方法は、それぞれ手順があります。

上部内視鏡検査 下部内視鏡検査
前日
  • 夕食は消化の良い、軽めの食事で午後9時以降は飲食禁止です
  • 飲み水は大丈夫です
  • 早めの就寝を心掛けましょう
  • 前日は消化のよい検査食を食べて頂きます
  • 早めの就寝を心掛けましょう

※前日に下剤を飲む場合があります

当日(自宅) 飲食禁止です
※お薬を服用されている方は、事前に医師に相談しておきましょう
当日(病院)検査前  前処置で、胃の中をきれいにする、消泡剤の薬を飲む場合があります 前処置で大腸をきれいにする下剤を飲みます
上部内視鏡検査(胃カメラ・経鼻内視鏡検査)

20130128133459細く柔らかい管の先に、レンズを付けた内視鏡を口からいれて、食道や胃、十二指腸の内部をカメラを通じて観察します。
口のほか、鼻から入れる経鼻内視鏡検査もあります。痛みや吐き気が少ないため、比較的楽に検査が受けられます。

  1. 喉頭麻酔で行う、通常の内視鏡検査
  2. 口からではなく鼻からカメラを通す、経鼻内視鏡検査

上記の2点の内視鏡検査のいずれかを選択できるように、装置や設備を整えております。
受診される患者さまのご希望に出来る限りお応えいたします。

基本的には、画面を見て頂き、説明しつつ検査を行っていますが、希望があれば鎮静して(眠ったまま)カメラを受けることもできます。

下部内視鏡検査

直腸から内視鏡を挿入し、大腸内を観察する検査です。

ポリープ等があれば切除術をする場合も多いです。
基本的には外来で可能です。

担当する医師紹介

平成27年10月1日
医師名 認定 検査日(午前)
白橋 斉(病院長) 日本内科学会認定医
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定医専門医
日本肝臓病学会認定専門医
水曜日
土曜日
白橋 由美子 日本内科学会認定医
日本人間ドッグ学会認定医
月曜日
藏元 誠子 日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定医専門医
火曜日
金曜日
小森 圭司(九大医師) 木曜日

 

▲このページトップへ