標準的な自己負担額について

  • 在宅医療は、各種保険が適用されます。
  • 標準負担額は月2回の定期訪問及び、24時間365日往診対応体制に対する1か月あたりのおおよその金額です。
診療項目 条件など 1割負担 2割負担 3割負担
定期訪問診療 重症度の高い患者さま(*1) 約7,000円 約14,000円 約21,000円
上記以外の患者さま 約6,000円 約12,000円 約19,000円
往診 時間帯により変動します 約850円〜約3,600円 約1,700円〜約7,200円 約2,600円〜約10,800円
血液検査 検査項目により変動します 約520円〜 約1,040円〜 約1,560円〜
心電図 1回(24時間)あたり 1,750円 3,500円 5,250円
介護保険 居宅療養管理指導 294円×回数 588円×回数 882円×回数

(*1)『重症度の高い患者さま』とは、つぎのような別に厚生労働大臣が定める状態の患者さまです。

  • 末期の悪性腫瘍、法律に既定する指定難病などの疾患に罹患している状態
  • 人工呼吸器の使用、気管切開の管理などの処置を実施している状態

自己負担限度額について

医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月(1日から月末)で上限を超えた場合、その超えた額を支給する 高額療養費制度があります。上限額は年齢や所得に応じて変化します。

申請の手続きについては、ご加入の健康保険組合、協会けんぽ、 または市町村(国民健康保険・後期高齢者医療制度)などにお問い合わせください。

70歳以上の自己負担限度額
適用区分 個人単位
(外来・訪問診療)
世帯単位
現役並み 年収約 1,160万円~
標報 83万円以上/課税所得 690万円以上
252,600円+ (医療費-842,000円)×1%
年収約 770万円~約 1,160万円
標報 53万円以上/課税所得 380万円以上
167,400円+ (医療費-558,000円)×1%
年収約 370万円~約 770万円
標報 28万円以上/課税所得 145万円以上
80,100円+ (医療費-267,000円)×1%
一般 年収約 156万円~約 370万円
標報 26万円以下/課税所得 145万円未満 等
18,000円 【年 14万4千円】 57,600円
住民税非課税等 【区分II】住民税非課税世帯 8,000円 24,600円
【区分I】住民税非課税世帯
(年金収入 80万円以下など)
15,000円
70歳未満の自己負担限度額
所得区分 自己負担限度額(月額) 4回目以降の限度額
83万円以上(区分ア) 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
53万円~79万円(区分イ) 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
28万円~50万円(区分ウ) 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
26万円以下(区分エ) 57,600円 44,400円
住民税非課税世帯(区分オ) 35,400円 24,600円