特定健診・特定保健指導とは

平成20年4月より、特定健診・保健指導が義務付けになりました。

生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診です。
特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートをします。

特定健診・特定保健指導の対象者と条件
対象者 条件
40歳〜74歳の方
  • 協会けんぽの加入者(ご家族)であること。
  • 受診する年度に40歳を迎える方は、誕生日を迎えていなくても受診できます。
  • 受診する年度で75歳を迎える方は、誕生日から後期高齢者医療制度の加入者
    となりますので、誕生日の前日までに受診を終えておく必要があります。

検査項目

検査項目 内容
診察・問診 現在の健康状態や生活習慣を確認します。
身体計測 身長、体重、腹囲の周り、BMI(肥満度)
血圧測定 循環器系の状態をみます。
血液検査(採血) 血中脂質検査(中性脂肪、HDL・LDLコレステロール値)
肝機能検査(肝機能状態)
血糖検査(空腹時血糖またはヘモグロビン1Ac)
尿検査 腎臓や尿路状態などを調べます。

検査前日の午後10時以降から健診終了までは絶食です。(お茶やお水はお飲みいただいても結構です)

受診料金

ご予約の際にお尋ねください。(※協会けんぽより補助がでます)

検査結果

  • 原則、健診当日に検査結果をお渡しします。
  • なお、検査後から診察まで約1時間程度お待ちいただくことになります。予めご了承ください。
  • 医師の判断により、必要があれば特定保健指導が実施されます。
    (すべての方が必ず受診するものではありません)

お問い合わせ

水戸病院 健診センター
TEL 092-935-3799
FAX 092-935-3799
受付時間 月〜土曜日 8:30〜17:00