関連施設

女性の活躍推進に係る行動計画(第2回)

「女性の職場生活における活躍の推進に関する法律」所謂「女性活躍推進法」の趣旨に則り、女性職員が仕事と家庭を両立し継続して活躍できるよう、下記の通り行動計画を策定する。

1.計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日までの3か年

2.現状と課題

現状

当法人の各事業所内に従事する職員の男女割合は、8割が女性職員が占め、管理職に占める割合も7割強である。
かなりの部分で女性が責任ある立場で従事している。

課題

女性職員が多い職場のため、役職を有する女性の割合も高い水準を維持している。
その反面、昨今の人材不足などの問題から子育てをしている女性職員も多いため、仕事と家庭との両立支援のほか、人材確保に問題がある。

目標

働き方改革を進め、適材・適所・適正人員を以て効率さを上げ、よりよい職場環境を作り上げていくことを目標にしていく。
えるぼし認定のための取組を行っていく。
※えるぼし認定制度については、別紙詳細資料を見て取り組みましょう!

3.計画内容

目標1: 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

目標を達成するための方策と実施時期

目標2: 雇用管雇用の整備に関する事項

雇用環境に関する悩み事に対する相談窓口を設置し、法人内サービス向
上委員会、安全衛生委員会とも共有しながら職場環境を向上していく。

目標を達成するための方策と実施時期

目標3: 女性職員を対象とした管理職育成を目的とした多様なキャリアコースに関する事項

目標を達成するための方策と実施時期

▲このページトップへ