関連施設

地域医療介護連携室のご案内

地域医療介護連携室の役割・目的
  1. 地域の診療所・医療機関と密接な連携を図り、適正で質の高い医療の提供をすること。
  2. 地域の在宅支援病院として、医療・看護・介護の連携を図ること。
  3. 1と2がなにより患者さまそのご家族さま安心の源となりますよう支援すること。

構成メンバー
  • 室長:吉松 卓也副院長(兼任)
  • 阪本 寿子看護部長(兼任)
  • 安永 弥生外来師長(兼任)
  • 曳村 弘子 医療ソーシャルワーカー(専任)
  • 豆塚 聖 医療ソーシャルワーカー(専任)
  • 国武 律子 医療メディエーター
  • 辻川 弘志(兼任)
連携室の場所

正信会水戸病院 本館1階玄関入って左側に設けています。

地域連携室受付カウンター

地域連携室受付カウンター

転院について

当院では治療・リハビリの継続・医療管理の継続・在宅準備・介護療養などの転院のお受入れをしております。

  1. 入院までの流れ(PDF)
  2. 予約(転院)連絡票(PDF)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。
最新版のAdobe Readerはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。

地域医療介護連携室への連絡先
地域連携室の利用に対するメリット
患者様からみた利点
  • 目的の診療科へ相談・受診ができる
  • 地域の医療機関との連携があり、安心感がある
  • 待ち時間が短くなる
  • 医療以外にも介護の相談ができる
  • 在宅での介護が困難のため、施設や病院についての相談ができる
病院からみた利点
  • 他医療機関との情報交換ができる
  • 患者様の待ち時間が短くなる
  • 医療機関の機能分担が明確になり、双方の特徴や機能がより発揮する

これ以外にも、入退院や通院でこまっている、または相談したいが、誰に相談していいか分からない等は、お気軽にお問い合わせ下さい。

▲このページトップへ