関連施設

熱中症予防に努めましょう

2018年07月26日

平成30年の夏は、特に酷暑と呼べるほどの猛烈な暑さです。

熱中症で緊急搬送されるニュースなどが報道され、より熱中症に対しての意識が高まっています。

人の体は、発汗などで体温調節を行いますが、体内の水分や塩分のバランスが崩れると体温調整がうまく機能せずに、熱中症を発症します。

 

熱中症になった場合

エアコンの効いた部屋で、うちわや扇風機などで身体を冷やします。

氷嚢があれば、首や脇の下、太ももの付け根に当てると、そこに流れる血管を冷やし、全身に効率的に冷やすことができます。

もし、意識障害や嘔吐、水分が取れないときは、迷わず病院に受診しましょう。

熱中症予防のポイント

1. こまめの水分補給をする 暑い日は、室内外とはず、汗をかきます。 軽い脱水症状のときは、喉の渇きを感じにくいため、喉が渇いたと感じなくてもコマめに水分補給をしましょう。また、汗で水分と一緒に塩分も失われるため、塩分も併せて補給しましょう。
2. 暑さを避ける 日差しが強い日は、出来る限り避けるようにしましょう。どうしても外出しないといけない場合は、日傘や帽子を着用し、直射日光をできるだけ避けましょう。また、衣類も吸汗・速乾素材のものや、白色系のものなどを着用するように心掛けましょう。 紫外線防止で、黒い服が効果がありますが、暑い日で濃い色の服の着用は、逆に熱を吸収し過ぎることもありますので、注意しましょう。
3. 体調を整える 睡眠不足や疲れが溜まっているときは、特に熱中症になりやすいため、炎天下の外出や運動は極力避けましょう。室内で過ごす場合は、エアコンや扇風機を使用し、部屋の温度や湿度を適度に下げましょう。より効果的な使い方は、エアコンの風量は自動にし、風向きは固定で、扇風機で部屋内に冷気を循環させます。
▲このページトップへ